高望みしすぎな婚活女性が結婚に至らない理由と成婚の為のアドバイス

にやける女性

結婚したくて婚活していても上手くいかないと嫌になってきますよね。

モチベーションも下がるので、できれば早く相手を見つけたいものです。

ですがもしかしたら、相手がみつからない原因は「高望み」かもしれません。

高望みしているかどうかは自分では分かりにくいので、知らず知らずの内にそうなっている人はけっこう多いのです。

では高望みしている人の特徴や、高望みすると上手くいかない理由などを紹介していきます。

「自分は高望みしているかも」と思っている女性は要チェックです。

今の婚活事情はどうなの?

前からいわれているように、結婚する人の年齢は段々とあがっていっています。

そしてそれと同じで、婚活している人の年齢層も高くなっているのです。

少し前までは、男女が手軽に出会えるとして居酒屋や1回ごとのパーティーなど気軽に行ける婚活も多かったのですが、年齢が上がっていることもあって会員制の婚活などが人気が高くなっています。

年齢が高くなるとそのぶんお金に余裕がでてくるので、月々会員料を支払って在籍するというタイプのものも多くなっているのですね。

「気軽に」というよりも「本気で」という人が多いので、このあたりの需要にマッチしていますよね。

確かに気軽に出会いを探すものいいですが、そうなると本気で婚活している人も少なくなりますから、「結婚に結びつく」ということを前提にしている人が多くなっています。

高望みしている人の特徴!ついついやってしまうクセ

高望みをしている人のほとんどが、同じような特徴があります。

しかも自覚がないので、自分が高望みしていると気づいていないのですね。

高望みにはいろいろありますが、その中でも多いのがルックスと年収です。

確かに誰でもある程度は気にするところですが、気にしすぎると「高望み」となってしまうのです。

例えば芸能人並みのルックスで高収入の人はめったに婚活はしていません。

そんな人は世間にはいるでしょうが、残念ながら既に結婚しているか彼女がいるかというのがほとんどですよね。

まずそういった人は婚活をしていないのです。

そんな高望みしている人の特徴は「ルックスや年収にこだわりがある人」です。

そして「その人をデータで判断する人」も高望みをしているといえます。

ほとんどの人は、理想の人と結婚はしていません。

「好きになったから嫌なところもあるけれど結婚した」という人もとても多く、完璧な人なんていないのです。

ですが高望みしていると「完璧に近い人」を探すという特徴があります。

そして気づかない内に出会った人の悪い面を探してしまう人も要注意です。

悪い面が全くない人というのも珍しいですが、ついつい粗探ししてしまう人がいます。

それは「完璧な人を求めている」ことになるので、高望みとなってしまっているのです。

高望みするとうまくいかない!その理由とは

高望みをしているとキリがありませんよね。

年収やルックス、大手企業につとめているなど、上には上がいます。

ある程度で妥協しないと「これだけ頑張って婚活しているんだから妥協ができない」となり、もっともっと理想が高くなってしまいます。

そもそも高収入やルックスが良い人は少ないので、そのぶん絶対数も下がってしまいます。

理想の人ではなくても接している内に好きになることはよくあることですよね。

ですが高望みしていると最初の時点で接点をもたないので、そんなチャンスもなくなってしまいます。

そうなるととても勿体ないですよね。

既に結婚している人達もふとしたことから恋愛関係となって結婚することも多いですが、そのキッカケを自分から逃してしまっているのです。

もし逆に男性が「若くてキレイな子で職業は〇〇で、家族と同居してくれる人で…」という条件を出していたら「難しいよ」と思いますよね。

そんなことを言っている間にその男性も年齢を重ねてしまうので、もっと現状は厳しくなってしまいます。

異性で例えると「高望みがうまくいかない理由」が分かりやすいですよね。

そうなってしまうと相手はよっぽどラッキーでないと見つかりません。

高望みをすればするほど、悲しいことにどんどん結婚は遠のいてしまっているのです。

高望みをする前に気をつけてほしいこと

高望みをする前に、もう一度どんな人と結婚したいのか考えてみるといいですよ。

「暖かい家庭をつくりたい」「アウトドアが好きな人がいい」など年収とルックス、仕事などは省いて考えてみてください。

実際に結婚すると一緒に生活することになるので、気が合うかどうかは大事です。

「暖かい家庭をつくりたい」なら家庭的で穏やかな人、「アウトドアが好きな人がいい」なら、趣味の項目を見るようにするといいですね。

高望みしている人のほとんどが年収とルックスなので、まずはその点に条件をつけているなら一度なくしてみるといいかもしれませんね。

その条件を少し下げるだけで、素敵な人と出会える可能性は高くなりますよ。

まずは狭い範囲で条件をつけることはやめて、窓口を広げると自然と出会いの数が増えます。

理想の人と結婚したいのは当たり前ですが、自分で範囲を狭くしていると運命の出会いもシャットアウトしてしまっているかもしれません。

まずは多くの男性と出会って話すことが大事なので、一度条件はしまっておいてたくさんの人を知り合ってくださいね。

せっかくのチャンスを自分から潰さないように、窓口は広げましょう。

結婚している人のほとんどが高望みしていない

世の中のほとんどの人は「理想の人」とは結婚していません。

「全くタイプじゃないけど気づいたら好きになっていた」「一緒にいる内に結婚を考えるようになった」という人はとても多いです。

完全に理想通りの人と結婚したという人はごく稀です。

それを目指していると一生結婚できないということになるかもしれません。

条件ではなく相手の性格や人柄をみていくようにすると、簡単に婚活が成功するかもしれませんよ。

コメント