婚活は少し視点や発想を変えるだけで大きく変わる

成功までの道筋

男も女も関係なく顔やスタイルは良くてお金も持っている人でも出会いが無ければ、結婚するチャンスはどんどん遠のいていきます。

独身生活も長くなって焦っていると言う人も多いと思います。

しかし婚活というのは少しやり方を変えるだけで結果は大きく変わるもで自分自身で工夫をこなしていく事が秘訣です。

とは言え自分一人だけではどの様にして工夫をこなせば良いのかを見つけるのは大変です。

なので出会いは無いけど婚活真っ最中の男女の皆様に婚活で役に立つアドバイスを幾つか贈りたいと思います。

婚活成功の鍵は自分自身や環境を今一度見直してみる事にある

婚活が上手くいかないのは自分周辺の環境のせいにしている人も実は多いんじゃないでしょうか?

一見すると周りの環境が悪いせいに見えて実は自分が気づいていないだけで、失敗から脱出して成功へと導く為のヒントは隠されている物なのです。

具体例を参考にアドバイスしていきましょう。

周りに異性がいないor少なすぎて出会いが無い

出会いの機会が無いことを悩む女性

職業からどうしても特定の異性がいなかったりもしくは少なかったりして、出会い自体が無い場合もあるでしょう。

もうそういう職種なんで仕方ない…と無理に諦める必要はありません。

むしろ結果が分かりきっているのであればその場に拘る必要なんてありません。

もし今の環境に見込みが無いのであれば選択肢から消して、別の選択肢を作った方が確実に良い結果を得られます。

そうなると出てくる選択肢は以下になります。

婚活パーティーへ参加

相手が欲しいのであれば、婚活パーティーに参加してみるのが最もポピュラーなやり方です。

婚活パーティーの中にはブライダル関連の会社が開催する事もあれば、県主催の物まで様々で、中には特定の趣味やテーマに絞った趣味コンと呼ばれる婚活パーティーが開催される事もあります。

自分の目で見て相手を探したいのであれば婚活パーティーへ積極的に参加する事がオススメです。

婚活パーティー
「婚活パーティー」の記事一覧です。
婚活サイト・アプリを利用する

婚活パーティー以外にも結婚相談所に登録して相手を探すのも手段として有効です。

しかし、県内の何処にでも結婚相談所がある訳ではないので、住んでいる場所によっては結婚相談所へ行くだけで時間と交通費が大幅に取られてしまう事があります。

なので、この場で強くオススメしたいのは婚活サイト及びアプリの利用です。

これらのサイトやアプリはゼクシィと言ったブライダル関連では、大手の所からYahooや楽天と言った会社まで現在では多くの会社から提供されています。

メッセージ送信やいいね!等相手とのやり取りする為に必要な機能をフルで使うには有料会員になる必要があります。

しかし、相談所へ通う交通費や婚活パーティーの参加費に比べると出費が安く済む事が多いです。

上に基本的にネットを介して利用するので、地域格差を気にする事がない上に同郷の人も探しやすいです。

そのため、出会いの場の選択肢としてもオススメです。

婚活サイト
「婚活サイト」の記事一覧です。
結婚相談所
「結婚相談所」の記事一覧です。

見方や書き方次第でコンプレックスを長所へと変える事ができる

何かを閃いた女性

異性との出会いの場はあれど自分自身がコンプレックスを理由になかなか強くは踏み出せないと言う人も多いのではないかと思います。

しかしコンプレックスになっている部分と言うのは少し視点を変えるだけで、改善点を見いだせたり自分自身にしか無い武器へと変え長所になりアピール素材として使えます。

こちらも具体例を参考にアドバイスすると

体のコンプレックス

婚活サイトやアプリに登録したけど自分自身でも顔や髪等で体のコンプレックスになっている場所があると感じているのであれば、コンプレックスを生かすやり方で相手を引きつけかつ自信をつけるのも1つの手です。

例えば

  • 髪型を変えて無理に可愛いやかっこいい系にするよりも出来るキャリアウーマン風やビジネスマン風にする
  • (男性の場合)薄毛やハゲが目立っているのであれば(職業や自分的にOK前提で)生かす髪型(短髪や坊主、スキンヘッド等)にし髭を生やすなどしてワイルドな男らしさを出させるのも有り
  • (女性の場合)歳を結構取られているのであれば無理に濃い化粧をするよりも歳相応の化粧やファッションを身に着け歳に見合った落ち着きを出させる

早い話がコンプレックスに合わせてのイメチェンです。

今の自分そのままで出すよりも自分の年齢や顔の状態を知った事で合わせて行うことが大事です。

歳に見合った大人として見られやすくなったり変に若作りするよりはいいと好意的に受け取られやすいです。

内面的コンプレックス

結婚相手は欲しいけど収入面や自分の性格等の内面的なコンプレックスを感じている場合でも、下手に隠すよりは正直に話した方が良いですが、この場合真実をただそのまま書くのではなく書き方を変える事です。

例として

「〇〇(名前)です、現在〇〇の仕事についていますが収入面はイマイチですが案外なんとかなる様でしぶとく元気に生き残ってます(笑)気が向いたらぜひよろしくお願いします。心温かいメッセージ待ってます(笑)」

低収入なのに代わりは無いのに書き方を変えるだけでふざけすぎない程度に笑いも入れて読みやすくします。

苦労してる筈なのにそれを感じさせないタフさを出す事でポジティブな人と印象つける事ができます。

さらに相手からも逞しい人と受け取られたり、明るい人と相手からのオファーも受けやすくなります。

このように書き方1つで自分の印象を変える事が出来ます。

手を握り合う

例では収入面を引き合いに出しましたが、他の事でも同じ事が言えます。

そのため、ありのままを淡々と書くよりは事実は変えない程度に文章に明るさや、ポジティブさを出してみると印象は良くなります。

婚活に励んでいても上手くいかない事の方が多いです。

現状で最初から上手くいく人は殆どいませんが、出来る事なら婚活は手短にして早くゴールインで終わらせたいのが本音でしょう。

ただその為にはちょっとした工夫が必要です。その工夫は一体どういった物でどの様にすればいいかをアドバイスしていきます。

コメント